文化審議会答申 興福寺旧境内など史跡2件追加指定へ

米田千佐子
[PR]

 国の文化審議会は17日、奈良市の史跡興福寺旧境内と御所市の史跡宮山古墳の範囲を広げ、追加指定するように文部科学相に答申した。

 興福寺は710(和銅3)年に藤原氏の氏寺として平城京外京に創建された。度重なる天災や戦火で被災したが、創建当時の伽藍(がらん)を復興し、古代以降の宗教儀礼や信仰を考える上で重要という。今回は、現在の指定地(約1万2715平方メートル)に瓦窯(かわらがま)跡(約908平方メートル)が追加される。

 瓦窯跡は3基が奈良時代後半、9基が平安時代後期~鎌倉時代のもので、奈良時代後半のものは2017年の発掘調査で見つかった。創建期の寺の屋根をふいた瓦をつくっていたとみられる。

 宮山古墳は古墳時代中期に築造された墳長238メートルの大型前方後円墳。今回は指定されている1万3886平方メートルに陪塚(ばいちょう)のネコ塚古墳の一部など約2757平方メートルが追加される。(米田千佐子)