報酬は道後温泉フリーパス? 「FA宣言」つば九郎、愛媛から熱視線

照井琢見
[PR]

 20年ぶりに日本一に輝いたプロ野球ヤクルトのマスコット・つば九郎がフリーエージェント(FA)宣言をした。球団の秋季キャンプを受け入れてきた松山市が獲得に名乗りを上げたほか、愛媛県やサッカーチームも獲得に意欲をみせている。

 2004年から秋季キャンプを受け入れている松山市。希望に応じた複数年契約で、松山市特命副市鳥、坊っちゃんスタジアム名誉所鳥といったポストを用意した。

 報酬も破格だ。道後温泉入浴年間フリーパスや、みかんジュース蛇口使い放題のほか、県産高級かんきつ「紅まどんな」などかんきつ3種各2896(つば九郎)個も提示した。

 つば九郎を「愛・野球博応援キャプテン」に任命している愛媛県。「特命名誉顧問」への昇格や、かんきつ食べ放題といった条件で、獲得を試みる。

 サッカーJリーグの愛媛FCも、グッズ担当がツイッターで獲得意欲を表明。チームのマスコット、「伊予柑太(いよかんた)」を「マスコット的補償」として提示し、話題を呼んでいる。

 つば九郎のFA宣言は2012年以来、9年ぶり2度目。新潟県燕市など全国から名乗りが上がり、争奪戦が始まっている。前回は残留したが、今回は果たして。(照井琢見)