小さな避難場所だった遊園地 町は移ろうもの、だけど

有料会員記事KANSAI

平民金子
[PR]

 置かれた遊具の一つには「私たちのような昔の乗り物で遊んでくれてありがとうございます。これからも頑張ります!」と紙が貼られているのだが、私は「頑張ってほしいけど、きみら全部なくなるかもしれへんよ」と思った。

 神戸で子育てをしていてもっとも感謝したのは須磨海浜水族園王子動物園の存在で、どちらにも幼児に人気の小さな遊園地があった。

 しかし今や水族園の遊園地は見る影もなく取り壊され、このたび神戸市から発表された再整備基本方針の素案を見ると動物園の遊園地も存続可能性は限りなく低い。毎日を支えられ、これぞ神戸の強みだと疑わなかった遊園地の東西両横綱がこうもすげなく扱われるとは。

 正直なところスマスイも王子…

この記事は有料会員記事です。残り552文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[記事一覧へ]