「空き家だと…」事件直前に燃えた男の家、1~2カ月前から出入りか

大阪・北新地のビル火災

[PR]

 大阪市北区の雑居ビルで起きた放火殺人事件で、事件の約30分前、放火に関与した疑いが持たれているクリニック患者の男(61)の自宅とみられる大阪市西淀川区の住宅でも火災があった。大阪府警は18日、雑居ビルに加え、この住宅についても現場検証を始め、大阪市消防局と合同で出火時の状況を調べている。

 西淀川区の住宅は、放火殺人事件の現場となった堂島北ビルから西に約3・5キロ離れている。不動産登記簿によると、1987年に建てられ、3階建てで延べ約60平方メートル。所有者は男の名義になっていた。

 大阪市消防局によると、火災は17日午前9時45分ごろ、「煙が出ている」という近所の人の119番通報で覚知。駆けつけた消防隊が外から呼びかけたが応答がなく、窓ガラスを割って室内に入った。焼けたのは2階の一部で、ぼや程度だった。室内にはだれもいなかった。

 近所の女性は消防隊の突入時に、室内に布団が敷かれ、カセットボンベが置いてあるのを見たという。

 地元の町内会長は「この住宅には春ごろまで別の家族が住んでおり、空き家だと思っていた」と話す。

 近所の女性によると、長らく空き家で郵便受けにチラシがたまっていたが、1~2カ月前から男が出入りしている様子だったという。自転車で出かける姿を何度か見かけ、火災当日の午前8時半ごろにも、玄関前にいる男を見たという。

 近くの80代女性は5日ほど前、この住宅のガレージから自転車に乗った男が出て来るのを見た。女性が「おたく、引っ越してきはりました?」と聞くと、男は「はい」と答え、自転車で走り去ったという。