飯塚さん死去 拉致解決に進展なく、首相も官房長官も「申し訳ない」

岸田政権

[PR]

 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)前代表の飯塚繁雄さんが亡くなったことについて、岸田文雄首相は18日、「就任直後に直接会い、お話を聞かせていただいた。絶対に諦めないという強い思いを語っておられたのが印象的だった。妹の田口八重子さんと再会できずに亡くなられた。心から申し訳ない思いでいっぱいだ」と語った。

 東京都内で記者団の質問に答えた。拉致問題の解決に向けて首相は「一刻の猶予も許されないとの現実を強く感じる。あらゆるチャンスを逃さないという思いを改めて心に刻みながら取り組んでいきたい」と話した。

 拉致問題担当相を兼務する松野博一官房長官も18日、神戸市内で開かれた「拉致問題を考える国民のつどい」であいさつした。松野氏は「横田滋さんから代表を引き継いで14年もの長きにわたり、拉致被害者の救出を求める活動の先頭に立って、全身全霊を捧げてこられた」と飯塚さんを悼んだ。拉致被害者家族については「度重なる訃報(ふほう)に接し、親御さん世代がご高齢の有本明弘さんと横田早紀江さんの2人だけになってしまい、もはや一刻の猶予もないと、切迫感をひしひしと感じている」とも述べた。

 拉致問題解決に向けた進展がないことについては「一日千秋の思いで、帰国を待ち望んでいらっしゃる被害者の方々、ご家族の皆様に対して、じくじたる思いであり、本当に申し訳なく思っている」と述べた。