ロシア女子、最強チームは「幼稚園のよう」 女帝の右腕が明かす強み

有料会員記事

ノンフィクションライター・田村明子
[PR]

 全日本選手権が行われたのと同じ週に、モスクワでロシア選手権が開催され、女子はカミラ・ワリエワアレクサンドラ・トルソワアンナ・シェルバコワの3人が表彰台に上がった。

 中でも新人ワリエワは、283・48点という異次元のスコアを出し、2位のトルソワに35点近くもリードしてタイトルを手にした。

ロシア女子の君臨はいつまで続くのか。田村明子さんが解説します

 アリーナ・ザギトワが239・57点で平昌オリンピック(五輪)で金メダルを獲得してからもうすぐ4年。再びロシアから、驚異の15歳がトップに躍り出てきた。

 一体ロシア女子は、いつからどのようにしてこれほど強くなったのだろうか。

毎週水曜日にフィギュアスケートにまつわる話題をお届けします.

 2006年までロシア女子を…

この記事は有料会員記事です。残り1704文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]