第3回「どう吹きたい?」響き合う一人一人の思い 密着で見えた強さの理由

有料会員記事

大蔦幸

吹奏楽の名指導者で、「丸ちゃん」の愛称で親しまれた丸谷明夫さんが2021年12月7日に76歳で亡くなりました。大阪府立淀川工科高校吹奏楽部の顧問を長く務め、全日本吹奏楽コンクールに41回出場し、32回金賞を受賞しました。生徒らを育て導いたその手腕と情熱を振り返ります。この記事は、2016~17年に淀工吹奏楽部に密着取材し、朝日新聞大阪版で連載した「オトノチカラ 淀工物語」(全12回)を再構成しました。(肩書や年齢、コンクールなどでの演奏・受賞歴は掲載当時のものです)

[PR]

「淀工グリーンコンサート」 人気の秘密

 3年生の引退がかかる「淀工グリーンコンサート」まであと20日ほどに迫った2017年1月初旬。淀工吹奏楽部では正月早々、猛練習が続いていた。

 中でも前年12月初旬から取り組み始めたチャイコフスキーの大序曲「1812年」は名曲だが、超が付くほど難曲で、高度な演奏技術が必要だ。

 顧問の丸谷明夫先生(71)が、練習中に何度か言った。

 「20日もしないうちに、3年生は引退や。残すべきものは、目に見えない3年生の姿勢や。その証しみたいなものをみせてほしい」

 音に熱い思いをのせて、3年間の集大成としての証しを込める。全員が真剣な表情で大曲と向き合っていた。

 2017年で45回を迎える「淀工グリーンコンサート」は毎年、チケットが即日完売となるほどの人気だ。中之島フェスティバルホールで2日間計4公演し、聴衆は地域のお年寄りから子ども、小中学校の吹奏楽部の生徒や長年の淀工ファンまで延べ1万人。高校生のアマチュアバンドとしては別格の集客力を誇る。

 人気の秘密は、昔から何一つ変わらない丸谷先生の姿勢にある。

 「全ての人に、吹奏楽を楽しんでもらうきっかけを作りたい」

「こびるのではなく一緒に楽しむ」

 第1回の開催当時、吹奏楽は今と比べてかなりマイナーな存在で、会場は1千人規模の守口市市民会館だった。

 定期演奏会を開く学校はいくつかあったが、聴衆は保護者ら身内が多かった。それもありがたいことだが、丸谷先生は「お客さんに媚(こ)びるのではなく、一緒に楽しむという姿勢を大事に」と考えてきた。聴衆を限定しない開かれたコンサートを意識してきた。

 「グリーン」は、淀工吹奏楽部のシンボルカラーであり、「若さ」や「未熟」という意味も込める。

 プログラムは毎年ほぼ同じ選曲だが、クラシックの名曲から歌謡曲、童謡まで多様で、飽きのこない名曲ばかり。1年生の楽器紹介や曲あてクイズ、昨今のヒット曲を集めた「ザ・ヒットパレード」の演奏など、お客さんも参加して楽しめるのも魅力の一つだ。

 サックスの熊代智夏さん(2年)は、グリーンコンサートで人生が変わったという。中学3年生の時、淀工吹奏楽部にいた姉の早紀さん(20)の演奏を聴きに行った。演奏を聴いて「なんて自由で、楽しそうで、生き生き演奏するんだろう」と思った。引退する3年生の表情は充実感に満ちているように見えた。

 「ここでやらな、一生後悔する」と、淀工への進学と入部を決めた。「今年も誰かの心にちゃんと届くといいな」と熊代さん。

 3年生と臨む最後の舞台の準備が着々と進む。

     ◇

(2017年1月12日朝日新聞大阪版掲載)

受け継がれるバトン

 中之島・フェスティバルホールの1~3階をお客さんが埋め尽くした。

 2017年1月21、22両日にあった淀川工科高校吹奏楽部の演奏会「グリーンコンサート」。1曲ごとに沸く歓声や手拍子に、フルートのパートリーダー、佐藤雅(みやび)さん(3年)は「ここまで続けてよかった」と思った。本番まで「引退」の実感がわかないほど、必死で音楽と向き合った。

 コンサートは2日間で計4公…

この記事は有料会員記事です。残り2907文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載あのハーモニーが聞こえる ~丸谷先生と淀工の物語~(全3回)

この連載の一覧を見る