抜本改革、遠い日大 いらだつ文科省がチラつかせる重大処分

有料会員記事

三浦淳
[PR]

 前理事長の田中英寿容疑者(75)らが逮捕された日本大学で、「脱・田中体制」に向けた動きが出始めた。ただ、抜本改革にはほど遠く、文部科学省行政処分をちらつかせながら改革を迫っている。

 「前理事長派が巻き返しを図る可能性もある。油断できない」。ある日大職員はこう気をもむ。

 田中前理事長は所得税法違反容疑で逮捕され、東京拘置所に勾留されている。脱税容疑を認めているとされ、勾留期限の20日以降に保釈される可能性もある。この職員は、保釈された前理事長が学内に及ぼす影響が不安だという。

 日大は、一連の事件が表面化してから3カ月たった今月10日、ようやく記者会見を開き、加藤直人・新理事長が「田中前理事長と永久に決別する」と宣言。外部有識者を中心とする「再生会議」を来年1月にも発足させると説明した。

 再生会議の主要テーマになりそうなのが、大学運営の中枢を担う理事の選任方法だ。今の理事会は「田中体制」のもとで就任したメンバーで構成されている。学内関係者ばかりで、女性は一人もいない。日大は3月末ごろに同会議から提言をもらい、新執行部をつくる方針という。

 日大の規定では、理事は27…

この記事は有料会員記事です。残り1016文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    氏岡真弓
    (朝日新聞編集委員=教育、子ども)
    2021年12月20日18時5分 投稿

    【解説】いまの日大の混乱を極める状況がよいと思う人は一人もいないでしょう。では、どうするか。文科省が重大処分、措置命令という伝家の宝刀を抜くトップダウンの方法か、それとも、教職員や学生らの参加を求め、大学の自治の力を信じるボトムアップの方法か。