ドラ1が背番号を選んだ理由 中日ドラゴンズの歴代42といえば?

有料会員記事

上山浩也
[PR]

 背番号「42」と聞いて、思い浮かぶ野球選手は誰だろうか。中日だとバンチ? ブランコ? それとも、2021年シーズンに着けていたロサリオ?

 日本選手の活躍で大リーグの試合をテレビで目にする機会が多い今は、黒人初の大リーガーで、全球団の永久欠番になったジャッキー・ロビンソンの印象が強いのではないだろうか。その背番号を、中日の新入団選手が選んで着ける。今秋のドラフト1位、ブライト健太外野手(22、上武大)だ。

中日ドラゴンズにまつわる話題をお届けします。

 父がガーナ出身のブライトは「ジャッキー・ロビンソンの名前は、たぶん小学生の頃に父から聞いた」。後にその偉人の映画を見て感銘を受ける。「人間としても、野球人としても、強さがあった。差別があった時代でもしっかり、冷静に対応していた姿は自分に足りないところだと思うし、目標にしなければいけないと思った」

 背番号は、球団側からいくつ…

この記事は有料会員記事です。残り983文字有料会員になると続きをお読みいただけます。