野村萬斎さんから白井晃さんへ 世田谷パブリックシアター芸術監督

藤谷浩二
[PR]

 世田谷パブリックシアター(東京・三軒茶屋)は20日、狂言師の野村萬斎さん(55)が来年3月で芸術監督を退任し、演出家・俳優の白井晃さん(64)が4月1日付で新芸術監督に就任すると発表した。

 萬斎さんは2002年に芸術監督に就任し、約20年間にわたって務めた。「狂言劇場」「MANSAI●(丸の中に黒丸))解体新書」「現代能楽集」のシリーズを企画したほか、古典芸能と現代演劇を融合させてシェークスピア劇に取り組んだ「国盗人」「マクベス」を演出し、自ら出演。「敦―山月記・名人伝―」「子午線の祀(まつ)り」などの優れた舞台でも演出・出演を担った。

 白井さんは「遊●(丸の中に黒丸)機械/全自動シアター」主宰を経て演出家に。ストレートプレー(せりふ劇)から音楽劇、ミュージカルまで幅広く手がけ、16年から21年3月までKAAT神奈川芸術劇場横浜市)の芸術監督を務めた。藤谷浩二