「日本に返す理由ない」 下水ない生活に不満 北方領土の今、映画で

有料会員記事

大野正美
[PR]

 旧ソ連出身の仏映画監督が北方領土国後島の現状を描いたドキュメンタリー「クナシリ」がこのほど日本で公開され、北海道内でも上映中だ。日本に届くことが少ない北方領土のロシア人住民の生の声を伝える貴重な記録となっている。

 監督したのは、旧ソ連・ベラルーシ出身のウラジーミル・コズロフ氏(65)。第2次大戦中の独ソによる激戦でベラルーシの民衆を見舞った惨禍を、迫真的な描写で描いたソ連映画「炎628」(1985年)などで助監督を務め、92年フランスに移住した。

 日本での新作公開にあたり、コズロフ氏が朝日新聞の書面取材に応じた。制作のきっかけは「もともと『世界の果て』に関心があった。知人から、国後島にはソ連軍によって破壊された日本の村があり、その跡に壊れた墓のほか、陶器などあらゆる工芸品が見つかることを知らされた」ことだという。

 「島で消滅した日本文化千島列島の問題に興味を持ち」、2013年に国後島を予備調査に訪れた。さらに制作資金を準備し18年5~6月に再訪。「中心地ユジノクリリスク(日本名・古釜布)の市街を出るつど、ロシア国境警備隊の通交許可証を調べられながら、4週間にわたり撮影をした」という。

 今回の映画では、国後島を占領した旧ソ連軍に旧日本軍が白旗を掲げて降伏する式の再現など、北方領土でロシア側が強化する愛国心高揚の試みがたびたび出てくる。「島のロシア領有は第2次大戦の結果だ。日本に返す理由はない」と語る地元企業人も現れる。

 一方、それとは対照的な場面も描かれている。戦後の3年間、日本人との共生を経験したロシア人男性は、「我々は日本人から漁の技術を学んだ。自然や温泉などの観光資源もあるのに、ソ連以後にできたのは大砲と戦車、ゴミためだけだ」といい、島の地中などに残る日本の工芸品の良質さをたたえる。今なお下水が整備されず、家にトイレがない生活を嘆く女性の住民も登場する。

 コズロフ氏は、島からの日本…

この記事は有料会員記事です。残り453文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    佐藤優
    (作家・元外務省主任分析官)
    2021年12月21日23時47分 投稿

    【提案】 北方領土問題の解決にあたっては、現在、これらの島に住むロシア人が国境線が画定し、島が日本に返還された後も安心して暮らせるよう気運を日本政府が醸成することです。現在、本土と北方領土の間にはビザなし交流の枠組みがありますが、この枠組みで北方領