名門女子校前に高層ビル さらに日テレ旧本社「最大150メートル」

有料記事

[PR]

現場へ! 再開発 都心「番町」で②

 日本テレビ放送網(現日本テレビホールディングス)は1952年、国内初のテレビ放送免許を取得し、東京都千代田区二番町の旧満鉄総裁邸を本社予定地として購入した。社屋の裏には築山、滝のある日本庭園と四阿(あずまや)が配された。創業者の正力松太郎が接待に好んで使い、野外スタジオにも利用されてきた。

 庭園は社員にとっても愛着のあるものだった。「地域の住環境とも調和していた」とOBは言う。

 日テレはその庭園をつぶし、さらに敷地を広げたところに2015年1月、高さ60メートルのスタジオ棟を造る計画を明らかにした。驚いたのは、向かいの女子学院だった。女子御三家のひとつに数えられる名門中高校である。「かなり圧迫感がありそうだったんです。それに女子校ですので、向かいの窓からの視線も気になります」と事務長の本田真也(67)は言う。

 スタジオ棟の計画地は、区の…

この記事は有料記事です。残り1079文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。