• アピタル

オミクロン株感染、群馬で初確認 帰国後、宿泊療養施設に滞在の男性

オミクロン株

[PR]

 群馬県は20日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染者が同県内で初めて確認されたと発表した。15日にケニアから成田空港に到着した県内居住の50代男性で、オミクロン株への感染が疑われる人と同じ航空機に乗っていた濃厚接触者として、16日から県の宿泊療養施設に入っていた。県は、不特定多数との接触は確認されていないとしている。

 県によると、男性はワクチンを2回接種済みで、帰国時は症状がなく、空港検疫の検査では陰性だった。その後の検査で陽性が判明し、20日にオミクロン株に感染していることがわかった。37度台の発熱があるものの軽症という。

 男性の濃厚接触者は家族など計5人で、いずれも宿泊療養施設に入っている。