「大みそかにね」かなわなかった再会 放火事件で人生絶たれた元教諭

有料会員記事

山口啓太、富岡万葉、石田貴子、松永和彦
[PR]

 「大みそかに会うし、その時にね」。大阪市北区の雑居ビル内のクリニックで起きた放火殺人事件で、犠牲になった大阪府の30代の男性は、教員を志し、趣味の剣道スキューバダイビングにも打ち込んでいた。その人生が突然、絶たれた。

 「求道心が強く、熱心で一生懸命な子だった」

 大阪市淀川区の道場で、10年近く指導した西原義秀さん(61)は言う。

 50~70代の20人近い剣道仲間と一緒に、多いときには月3~4回訪れ、泊まりがけの合宿にも参加したという。ガッチリとした体格で、手合わせをすれば、正面から力強く向かってきた。

 知人らによると、男性は20…

この記事は有料会員記事です。残り910文字有料会員になると続きをお読みいただけます。