黒い雨「遭った可能性」で被爆者認定へ 国救済案、病気の要件は維持

有料会員記事

福冨旅史
[PR]

 広島への原爆投下後に降った「黒い雨」をめぐり、浴びた人を被爆者と認めるかどうかを審査する際の国の指針案が判明した。「雨に遭ったことが否定できない場合」も認めるとする一方、「がんなどの病気にかかっていること」は要件として残しており、国側敗訴が確定した今年7月の広島高裁判決の内容とはなお開きがある。

 厚生労働省は案を近く開く広島県広島市との協議で正式に示す。県・市は高裁判決の考え方を踏襲するよう求めており、案を受け入れるかが焦点だ。

 広島高裁判決は「黒い雨に遭った人は被爆者にあたる」とし、病気になったか否かを問わず、原告84人全員を被爆者と認めた。菅義偉首相(当時)は上告を断念し、原告と「同じような事情」にある人を早急に救済する方針を示していた。

 今回判明した国の案では、「…

この記事は有料会員記事です。残り503文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら