つまようじ数万本で作った城の模型 定年後、焦らずコツコツ11年

吉村駿
[PR]

 つまようじを材料に、彦根城松江城などの模型を作る愛好家が滋賀県近江八幡市にいる。退職後に趣味として始めたという佐藤成宣(しげのぶ)さん(74)。城の石垣からしゃちほこまで細部にもこだわるが、使うのはすべて市販のつまようじ。11年間作り続けており、つまようじから学んだことがあるという。

 職人経験の無い佐藤さん。60歳で滋賀県内の企業を定年退職してから、「つまようじ作品」にのめり込んだ。きっかけは、新たな自分探しだった。

 「最近写真に挑戦しているんだ」「絵を習い始めたよ」。定年退職を迎えた友人らは、新たな生きがいを見つけて楽しんでいた。佐藤さんも、「退職後の人生、自分も何かに挑戦しようと思っていた」と当時を振り返る。

まずは「自宅」に挑戦

 そんなある日、食後にたまたま目に留まったのが、つまようじだった。先端の数ミリしか使われず、わずか数秒で役目を終える。仕事で機械設計の経験がある佐藤さんは、「今まで何も考えずに使っていたが、よく見るとつまようじは立派な木材。これで何か作れるな」とひらめいたという。

 インターネットで、つまようじを部材にした作品を調べたが、前例が無いのか何も出てこない。そこで、最初に挑戦したのが「自宅」。設計図があり、自宅のことは自分が一番詳しい。佐藤さんは「初挑戦なので、ゴールがイメージしやすいのが自宅だった」。

 約5千本のつまようじを購入。先端部分を全てカッターで切り落とし、木工ボンドでつなげていった。設計図を元に、屋根や外壁を作り上げ、組み立てていった。約1年かけて、高さ26センチ、幅30センチの「つまようじの自宅」を「竣工(しゅんこう)」させた。

 「つまようじの自宅」を見た友人たちからは、「そんな特技があったのか」「次は城でも作ってみてよ」と声が上がった。友人の驚いた顔がうれしくて、「つまようじ」にはまったという。

次は彦根城、松江城、法隆寺金堂

 自宅を作った後は、彦根城、松江城、法隆寺金堂などに挑戦。全9作品を完成させた。城の図面を手に入れるため、まずは国立国会図書館まで出向く。図面では分からない窓の位置や、石垣の大きさなどは、双眼鏡を片手に現地を何度も訪れて確認したという。

 「城も自宅も、粘り強くつまようじをつなぐ作業がメインです」と佐藤さん。2年かけて今年9月に完成した松江城は、設計図を元に城の東西南北の側面から作っていった。大きさは縦85センチ、横70センチ。約1万5千本のつまようじを使った大作だ。

 佐藤さんが「よく見てほしい」と話すのは、城の屋根の曲線だ。つまようじは少し曲げただけで折れてしまう。試行錯誤のうえ、等間隔に七つの切れ込みを入れると、折れずに曲線を表現できることを発見したという。

9作品で計10万本以上

 これまで作った9作品で、つなぎ合わせたつまようじは計10万本以上。なぜここまで作り上げることができたのか。佐藤さんは、「焦らずじっくり取り組んだからこそ嫌にならずにできました」と話す。

 一日中、自室で作業をすることもあれば、つまようじを1週間以上さわらないこともあった。佐藤さんは「まずはやってみる。そして、ゆっくりでも続けていくといつかは形となる。つまようじから私が学んだことです」。

 佐藤さんの作品を集めた「爪楊枝(つまようじ)工作展」が、竜王町立図書館で開かれている。25日まで。入場無料。火曜休館。問い合わせは図書館(0748・57・8080)へ。(吉村駿)