新校歌「勇気と希望」を雄大に 来春新設の群馬・みなかみ中

角津栄一
[PR]

 来春、群馬県みなかみ町の中学4校統合により新設される、みなかみ中学校の校歌を、4校の1、2年の生徒約210人が集まって歌う合同練習が16日、月夜野中学校体育館であった。校歌の作者は、作曲家・音楽プロデューサーの多胡邦夫さん(48)。「雄大な谷川岳や、緑豊かなみなかみの自然をイメージした」という。

 練習を前に、多胡さんが校歌について、「みなかみ町を訪れ、きれいな景色をながめながらイントロのフレーズが浮かんできました。自分にとって最高傑作です。4校統合をネガティブにとらえず、明日に向かって歩いていく勇気、未来への希望を感じられるような歌を作りました」と曲に込めた思いを説明した。

 ボーカリスト小林李枝さん(39)=伊勢崎市=の歌唱指導のもと、生徒たちはフレーズごとに繰り返し練習し、最後は全体を通して全員で新校歌を斉唱した。

 練習後、月夜野中2年の渋谷咲葵さん(14)は「不安もありましたが、大きな声で歌い、全員の心が一つになったようでした。4月に、また一緒に歌うのが楽しみです」と話した。

 多胡さんは校歌をつくるにあたり、7月に4校を訪ねた。統合に対してどう感じているか聞いたところ、生徒の約半数が「新しい友達ができるか」などと、不安を感じていると答えたという。

 指導を終えた多胡さんは「子どもたちの絆を深められるような、谷川岳やみなかみ町の景色のスケール感に匹敵する曲づくりをめざしました。一緒に子どもたちと歌い、間違いなく世界で一番格好良い校歌だと思いました」と振り返った。

 校歌は、みなかみ町のホームページからリンク先にアクセスすると聞くことができる。(角津栄一)