経費は1兆4千億円台 公費の追加負担は生じず 東京五輪

[PR]

 今夏の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの大会経費は1兆4千億円台になると大会組織委員会が見込んでいることが20日わかった。昨年12月段階の試算では1兆6440億円で、原則無観客となってなくなったチケット収入は800億円台の見込みだが、コロナ禍で大会が簡素化されたことや、無観客開催による人件費の削減などで、結果的に全体で2千億円程度の減額となる見通しという。東京都や国などによる追加の公費負担は生じない。組織委は22日の理事会で報告する方針。

 大会予算は2019年末の想定は1兆3500億円だった。昨年3月に新型コロナウイルスの影響で大会が1年延期になり、追加経費やコロナ対策費などが加わって20年末には1兆6440億円と試算されていた。