上から何番目だろうが合格は合格 縁あって入学したなら満喫しよう

有料会員記事校長から受験生へ

聞き手・川口敦子
[PR]

 入試シーズンが始まります。コロナ下で頑張る受験生たちへ、校長からのメッセージをお届けします。

校長から受験生へ:頌栄女子学院中学・高校 岡見清明さん

 中学入試も終盤ですが、受験生の皆さん、大切なのは、よく食べよく寝ることです。単純ですが、ベストの態勢で入試に挑むには体調管理が何より大切。頭ではみんな分かっていても、この時期どうしても無理をしがちです。日頃と違うことはあまりせずに、試験当日も朝ご飯はしっかり食べましょう。

 本校は、補欠合格という枠を設けていません。1点や2点の差で繰り上げで入学した生徒に、引け目を感じてほしくないからです。上から何番目だろうが、合格は合格です。

 毎年、中1の5月、クラスごとにオリエンテーションキャンプを実施しているのですが、同乗したバスの中で聞き耳を立てていると、これがなかなか面白いです。ちょうどみんな打ち解けてくる頃で、「実は第1志望じゃなかったんだー」「うちも!」なんて話で盛り上がっている子たちもいます。でも、みんな「頌栄生」。縁あって入学したのだから、この6年間を満喫してほしいと願っています。

 若い皆さんには、考察力をしっかり身につけ、筋道を立て、自分の考えを自分の言葉で表現する能力を養ってほしいですね。小学校、中学校、高校と進むにつれて教科数が増えていきますが、身の回りの様々な事象に対する情報収集力を鍛え、集めた情報から真実を読み解く情報分析力を高めていくことは、全ての教科を通じて要求されます。

 学年や教科を超えて取り組んでいる教育テーマの一つに「生き方教育」があります。キリスト教の学校ですが、与えられた命をどう生きるか、各自の能力や特質をどう社会に生かしていくかを大切にしています。その具体的な方法を、生徒やご家庭と共に探していく。そういう場所が学校だと私は考えています。

 在校生約1300人のうち2…

この記事は有料会員記事です。残り775文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]