どうなる囲碁界の天下のゆくえ 井山の再統一か、さらなる流動化か

有料会員記事

大出公二
[PR]

 今年の囲碁七大タイトル戦を締めくくる師走の天元戦王座戦が相次いで決着した。関航太郎が天元奪取でプロ入り最速のタイトルホルダーとなり、井山裕太は王座奪還で五冠に復帰した。その影でポスト井山を争う一力遼、芝野虎丸は無冠に。囲碁界は流動化が加速しているのか、はたまた井山の天下再統一に向かっているのか。

 両タイトル戦とも11月までに決着がつかず、天元戦は12月6日、淡路島で第4局が打たれた。ここまで挑戦者の関が2勝1敗とリード。タイトル奪取まであと1勝に迫っていた。

 黒番の関が度胸よく大模様を張り、一力は模様が地と化す直前のタイミングで単騎突入。根こそぎ荒らしにいった一力の白石を、関は殺しにいく。白は黒模様の一角を分断し、取るか取られるか、難解な大攻め合いの様相となった。

 一力の106手目。一手もゆ…

この記事は有料会員記事です。残り954文字有料会員になると続きをお読みいただけます。