怒濤の展開、るいの物語が始まった 21日のカムカムエヴリバディ

土井恵里奈
[PR]

 雪崩のような展開だった。一夜の過ち、親子の別れ、兄の失踪。これが15分で描かれるのだから信じられない。

 12月21日のカムカムエヴリバディは、のっけから不穏な展開となった。

 冒頭の勇(村上虹郎)と雪衣(岡田結実)のシーンは、朝ドラより昼ドラ、いや夜ドラの雰囲気だった。深夜、酔っ払った勇が帰宅する場面から始まり、話は思わぬ展開へ。2人は一夜をともにしてしまう。

 進んでそうなったわけではない。勇は安子(上白石萌音)が好きで、雪衣もそれを知っている。それでも、あさっての方へ行くのが人間か。好きな人が自分のものにはならない悲しみと、あきらめきれないふがいなさと。不条理のぶつかり合いが切ない。

 この日の安子とるい(古川凛〈りん〉)のシーンも、不条理そのものだった。

 「るいが幸せになるために、必要なことなんじゃ」

 安子はるいに、雉真(きじま)家を出ることを伝える。ただ、るいはここに残るように、と。

 決意を秘めた安子の表情、「いやじゃ」と戸惑うるい(古川凛〈りん〉)の涙。ドラマの山場のはずだが、長くひっぱる演出はない。さらりと場面転換し、今度は安子の兄算太(濱田岳)が登場する。

通帳を持って失踪

 いつもは陽気な男だが、様子がおかしい。通帳と印鑑を持ったまま、姿を消したのだった。

 それは、安子たちの新しい店、新しい家、人生の再出発ができなくなることを意味する。算太の行方を追って、安子は大急ぎで大阪へ向かう。

 一人残されたるいの表情が印象的だ。唇をかみしめ、はっと前を向く一瞬のカット。何かを決意したように見える。新たな展開が待ち受ける予感を感じさせるラストだった。

あえて分かりにくく るいの目線で

 るいは、これからどうなるのか。母をどう思うのか。いよいよ、2代目主人公に焦点があたり始めた。

 ドラマでは、謎があえて謎のままにされている。なぜ、親子が離れ離れに暮らすのか。るいの額の傷の治療費のことなど、背景事情が少しだけ語られるシーンがあるものの、多くは語られない。

 もやもやが残るなら、それは脚本の勝利だ。物語の主軸が、次第に安子からるいに移りつつある。お母さん、行かないで――。ドラマはもう、安子一人の目線ではなくなっている。子どものるいの目から見た母安子の物語だから、分かりにくくて当然。なぜ、母とずっと一緒にいられないのか。「るいのもやもや感を視聴者が共有できるよう、あえて余白を残した作りにしています」(NHK制作統括・堀之内礼二郎さん)

五角関係からのカタルシス

 伏線のはり方もうまい。安子、ロバート(村雨辰剛(たつまさ))、勇、雪衣、算太の五角関係が濃厚に描かれることで、物語が数珠つなぎに展開していく。

 安子がロバートと親密になる→嫉妬した勇が雪衣と一夜を過ごす→雪衣を好きな算太がそれを目撃し、自暴自棄になり失踪→算太を追いかけ、安子はるいを置いて大阪へ。

 15分間に恋愛も親子愛も詰め込み、サスペンスのような雰囲気さえ漂う。絡み合った物語は、これからどうなるのか。安子とるいはこのまま離れてしまうのか。視聴者は次の主人公るいの気持ちに自分を重ね、テレビにかじりつくことになる。そして物語は、主人公の交代という大きな山場へ――。さすが、「すべての私の物語」をうたうドラマだ。(土井恵里奈)

年末の放送は12月28日まで。年明けは2022年1月3日から放送。

連載カムカムエヴリバディ特集

この連載の一覧を見る