第1回羽生結弦の才能に気づいた最初の指導者 1回転半「なんだ、これは」

有料会員記事

岩佐友
【プロローグ動画】羽生結弦 「伝説」の証言者たち
[PR]

 羽生結弦のスケート人生は4歳の時、仙台市で始まった。

 最初の指導者となったのが、山田真実さん(48)だ。

 「仙台市のリンクで結弦のお姉ちゃんを教えていたのですが、その間、リンクサイドでずっと走り回っているやんちゃな子が結弦でした」

 「当時は4歳。『そんなに動きたいんだったらスケート教室に入ってみたら』とお母さんと結弦に言ったのが始まりです」

「結弦は大変」と思った恩師。一方で才能の片鱗も見せていました

 羽生が最初にリンクに入った時のことは今でも忘れられない。

 「普通、初めての子はハイハイの姿勢になって、氷に慣れさせてからゆっくり立つのが基本なんです。ただ、彼はそれをぶっ飛ばしてリンクインしました」

 オリンピック2連覇中のフィギュアスケーター羽生結弦。その強さの秘密を、彼の人生に寄り添ってきた6人の指導者や仲間が語る連載の1回目。6人のインタビューの一番の見どころを詰め込んだ本編動画は記事の末尾に。

 「スケート靴で、走ったまま…

この記事は有料会員記事です。残り1296文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]