第3回アイスショーの舞台裏で震えた羽生結弦 高橋成美さんは「感動した」

有料会員記事

金島淑華
【プロローグ動画】羽生結弦 「伝説」の証言者たち
[PR]

 羽生結弦にはじめて抱いた感情は「嫉妬」だった。

 2014年ソチオリンピック(五輪)ペア日本代表の高橋成美さん(29)は当時、小学5年生だった。父の転勤で住んでいた中国から一時帰国した際、仙台のリンクで練習した。そこに小学2年生の羽生がいた。

 その時、羽生を教えていたのが都築章一郎さん。高橋さんも7歳から指導を受けていた恩師だ。

 「都築先生には結構、かわいがっていただいたと思っていたんですけど、日本に戻ってきたら、ゆづ(羽生)にその座を奪われていた。先生の眼中にはまず、ゆづがいて、私はその下だった」

 都築さんから「ゆづを見習いなさい」と何度も言われた。「悔しかった。その頃は私の方がジャンプが跳べたので、『できるんだよ』とゆづにマウントをとったこともありました」

 でも、都築さんが「見習いなさい」と言った意味がすぐに分かった。

 「ゆづは体の軸の作り方がすごく上手。ジャンプでもスピンでも、すごく細い軸を作るからぶれないんです」

 「同世代の他の選手たちと一緒にふざけているように見えて、実は自分のやるべきことをやり終えてから、その輪に加わっていたんです」

 「『スケートをやるならオリンピックチャンピオンにならないと意味がない』って言っていた。そんなビッグマウスなところにも憧れて、私も同じことを言っていました(笑)」

 年上の女の子たちには甘え上手で、年下には気配りができる。コーチや母親たちにもかわいがられる。老若男女に好かれる羽生に対し、当初は「羽生結弦」を演じているのでは?と疑っていたという。

 羽生結弦の強さの秘密を、6人の指導者や仲間が語る連載です。高橋さんはあるアイスショーでミスをした羽生を強く覚えていました。6人の証言をまとめた本編の動画は記事の末尾に。

 「演じているのかなと思うほ…

この記事は有料会員記事です。残り1137文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]