第5回エッジを拭く手を止めた羽生結弦 真剣な目、「負けた」と感じた先輩

有料会員記事

金島淑華
【プロローグ動画】羽生結弦 「伝説」の証言者たち
[PR]

 羽生結弦は2012年、17歳のときにカナダのトロントにあるクリケット・クラブに練習拠点を移した。

 3歳年上で、ジュニアの頃から羽生と同じ舞台で戦ってきた中村健人さん(30)も同年から2年間、春と夏に同クラブで練習した。

 金姸児(韓国)や過去にはパトリック・チャン(カナダ)ら、五輪メダリストも集まる世界トップレベルの環境。そこでも、羽生の存在感は際立っていたという。

 「(シーズンインまで時間のある)夏のはじめなのに、リンクに上がって5分ぐらいアップをしたら、すぐに曲をかけて練習していました。その前にアップを入念にやって、うまくいった演技の映像を見て……。試合のような空気でした。そのあと、曲かけでミスが出たところを個別に練習していく。同じ1時間でも、他の選手とは練習の密度が全然違いました」

 飛躍を誓って海を渡った覚悟が日々の練習からにじみ出ていた。ソチオリンピック(五輪)まで、あと半年ほどのころ、羽生と交わした会話は今も忘れられない。

 羽生結弦の強さの秘密を、寄り添ってきた6人の指導者や仲間が語る連載。6人の証言の見どころをまとめた本編動画は記事の最後に。

 13年の夏、練習後のロッカ…

この記事は有料会員記事です。残り1511文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]