「自分はヤングケアラー」結婚あきらめた 「活躍できる会社」めざす

有料会員記事

編集委員・中島隆
[PR]

春待ち月

 12月の風物詩の「流行語大賞」。今年の年間大賞は、大リーガー大谷翔平選手にからむ「リアル二刀流/ショータイム」。トップ10には「ぼったくり男爵」「黙食」などが連なった。

 ノミネートされたものの、トップ10から外れた言葉がある。その一つ、「ヤングケアラー」は、家族の世話や家事を日常的にしている子どものことだ。国の調査では、中学2年生の17人に1人が、親やきょうだいの世話をしている。

 福島有二さん(34)は、この言葉がノミネートされただけで「とにかくうれしかった」。「この生きにくい社会がヤングケアラーの存在に気づき、理解してくれるかもしれない」と思ったからだ。

 大阪府茨木市を本拠に、発達…

この記事は有料会員記事です。残り1415文字有料会員になると続きをお読みいただけます。