イージス・アショア断念で1年半越しの地元説明会 防衛省の局長陳謝

中川壮
[PR]

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備断念をめぐり、防衛省は21日、配備候補地の一つだった山口県萩市で住民説明会を開いた。中国四国防衛局の今給黎(いまきゅうれい)学局長は「地元の皆様には様々なご心配をおかけした」と改めて陳謝した。

 河野太郎防衛相(当時)は2020年6月、配備計画の停止を表明。その後、断念した経緯について地元住民に説明する考えを示していた。配備計画に反対してきた地元の住民団体などが説明会の開催を求めてきたが、防衛省は新型コロナウイルスの感染拡大などを理由に先送りしてきた。

 この日の説明会は、配備候補地だった陸上自衛隊むつみ演習場の近くで開かれ、住民約30人が参加した。迎撃ミサイルを打ち上げた際に切り離す推進装置「ブースター」を演習場内に確実に落下させるにはシステム全体の大幅改修が必要だと分かり、必要なコストと期間を考えて断念したことなどを説明。代替策として、イージス・システム搭載艦の導入を閣議決定したことにも触れた。

 防衛省は住民説明会に先立ち、萩市議らにも経緯を説明。住民説明会は今後、山口県内のほか、もう一つの配備候補地だった秋田県で予定されている。(中川壮)