したたかな王族、怖かった首相 カンボジア和平会議の舞台裏を語る

有料会員記事

聞き手・小泉浩樹、編集委員・藤田直央
[PR]

 外務省が22日に記録を公開した1990年のカンボジア和平東京会議は、第三国の和平協議を日本が主導した戦後初めてのケースだった。担当の南東アジア1課長として手探りで実現へこぎ着けた河野雅治・元ロシア大使に当時の話を聞いた。

 ――(1990年6月に開かれることになる東京会議に向けた考え方を、4月に池田維・タイ公使に伝えた公電を見せ)これは河野さんが書かれたものですね。

 「懐かしいね。これ、僕の字ですね」

 ――ものすごく推敲(すいこう)してありますが、よくあることなんですか。

 「課長自身の考え方を伝える責任があり、それは自分しか書けないから、自分で良く推敲して文章にしました。4月にチャチャイ(タイ首相)が日本に来て、東京会議をやろうとなり、準備をするところだったので気合が入っていた。歴史上初めてだから頑張ろうと」

 ――チャチャイ首相が「日本でやったらいいんじゃないか」と……

 「言ってもらったんです」

「日本でやったらいいと言わせた」

 ――この公電にもその経緯が書いてあります。

 「日本は戦後初なものだから…

この記事は有料会員記事です。残り3338文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら