• アピタル

外国人の隔離免除を一時停止 タイ政府、オミクロン拡大を警戒

翁長忠雄
[PR]

 タイ政府は21日、外国人に条件付きで認めていた隔離免除の入国制度「テスト・アンド・ゴー」の登録受け付けを同日深夜から停止すると発表した。新型コロナウイルスオミクロン株の流行を警戒した措置で、隔離免除制度の再導入については1月4日に再検討するとしている。

 すでにこの制度に登録した人は、入国時の隔離を免除される見通しだが、入国後のPCR検査の回数を増やす。また、特定エリアを対象に隔離免除して自由に行動できる「サンドボックス」も、プーケットを除き停止する。両制度にすでに登録済みの人は約20万人だという。

 タイ政府は11月から63の国と地域からの外国人の入国について、ワクチン接種済みであることや医療保険への加入などを条件に隔離を免除し、コロナ禍で落ち込んだ観光業の復活を図っていた。11月1日~12月20日に「テスト・アンド・ゴー」で入国したのは約25万3千人。

 タイでの新型コロナウイルスの感染者は21日までに約219万6千人。オミクロン株の感染者は19日までに63人となっている。(翁長忠雄)