日テレが考える開発とは? フジもTBSも民放各局が頼る不動産事業

有料会員記事

編集委員・大鹿靖明
[PR]

現場へ! 再開発 都心「番町」で⑥

 日本テレビホールディングス東京都千代田区の番町地区にある旧本社周辺での不動産開発に熱心なのは、いまのマスコミの経営環境が厳しいことが背景にある。紙媒体の新聞や出版に限らず、個人視聴率三冠王の「民放の雄」もご多分に漏れない。本業の放送以外に経営を支える柱が欲しいのだ。

 民放は広告収入が売り上げの大半を占める。電通によると2020年のテレビ全体の広告費は1兆6千億円余で、3年前より3千億円も減った。このため、日テレは19年にまとめた中期経営計画「eVOLUTION」で、「テレビを超えろ」というスローガンのもと、総合コンテンツ企業に脱皮することをうたった。動画配信のHulu(フールー)の強化やM&Aによる新事業拡大とともに、重視する一つが不動産事業だ。

 フジテレビを中核とするフジ・メディア・ホールディングスは、オフィスビル開発のサンケイビルやホテル運営のグランビスタホテル&リゾートを傘下に持つ。TBSホールディングスも東京・赤坂の再開発ビル「赤坂サカス」を収益源とする。

 日テレも「放送外収入を増や…

この記事は有料会員記事です。残り944文字有料会員になると続きをお読みいただけます。