あ~よかったと花*花が思えるまで さよなら避難所から涙で帰った日

有料会員記事

大下美倫
【動画】18歳の時のことを振り返る「花*花」の2人=白井伸洋撮影
[PR]

 高校3年の18歳だった時、阪神・淡路大震災があった。あの時、悩みながらも音楽を続けてきたから、その後、誰かのためになれた。「花*花」の2人は、そう思っている。

おのまきこさん(45)とこじまいづみさん(45)のデュオ。1995年に結成。2000年にメジャーデビューした。代表曲に「あ~よかった」「さよなら大好きな人」。

 おのまきこさん(45)はジャズバンド部でピアノ、こじまいづみさん(45)は教会でゴスペル。同い年の2人は兵庫県高砂市の別々の高校に通い、それぞれ音楽に熱中する高校生活を送っていた。

 卒業を控えた1995年1月17日早朝、淡路島北部が震源の地震があり、2人も大きな揺れを感じた。状況が分からないまま、ひとまず登校。校舎の窓ガラスが割れたり、学校に来られない生徒や先生がいたりした。帰宅し、テレビに映る神戸の街が燃える姿にあぜんとした。

 こじまさんは数週間後、ゴスペルの仲間と被害の大きい神戸市長田区へボランティアへ行った。「音楽で励ますことができるのでは」と考えた。

成人年齢が2022年4月1日、20歳から18歳に引き下げられます。18歳のころ、どんな「オトナ」になろうとしていたか聞いてみました。

音楽の意味、東日本大震災で再び向き合った

 だが待っていたのは、避難所で必要な物資を聞き、物資をひたすら拠点から運ぶ日々だった。避難所にいる人から「お前らどうせ帰ったら家あんのやろ。俺には冷えたおにぎりか」と怒鳴られたこともあった。

 「ああ、何もできへん」

記事の最後には色紙プレゼントのお知らせがあります。

 泣きながら帰ったのを覚えて…

この記事は有料会員記事です。残り1377文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら