みかんブリで珍ハプニング 「笑いあり、本気あり」大乱闘の行方

有料会員記事

照井琢見
[PR]

 愛媛の商店街やショッピングセンターを歩くと、「愛媛プロレスのレスラーがやって来る!」と書かれたポスターを見かける。

 ポスターによく登場する緑色の覆面レスラーは「石鎚山太郎(いしづちさんたろう)」。愛媛の霊峰・石鎚山から名づけられた、愛媛プロレスきってのパワーファイターらしい。

 頭頂部にティッシュがひらひらとしている選手は、「凡人パルプ」。四国中央市で盛んな紙産業にちなんでいる。「超人ハルク」と響きが似ている気もする。

 どことなく「ご当地B級ヒーロー」感が漂う彼ら。他県から愛媛に来た人なら「仮面ライダープリキュアのショーの方が、子どもは喜ぶのでは?」と思うはず。というか、私がそう思っていました。

「地産知笑」をめざして

 そんな思いを知ってか知らずか。「ライバルは都会のプロレス団体ではない。仮面ライダーです」。黒いバニーマスクをかぶった、キューティエリー・ザ・エヒメ代表が、言い切った。

 代表の「双子の妹」とされる田中エリナさん(37)は、松山市の中心商店街にあった雑貨店を営む家に生まれた。2016年、商店街や地域の活性化のために旗揚げしたのが、愛媛プロレスなのだ。

 ショッピングセンターや商店街、住宅展示場の一角で開く「路上マッチ」は、ヒーローショーに対抗するイベントと位置づける。

 「子どもたちには、都会発のヒーローを見て都会にあこがれるより、地元に根ざしたエンタメを見て、愛媛を好きになってほしい」

 理念の一つは、エンタメの「地産知笑(ちしょう)」だ。徹底して地域に密着し、愛媛への愛を育んでほしい。そう願い、レスラーは日々活動している。

 ちょっとダサいリングネームも、愛媛の広告塔になるため。チャンピオンベルトのバックルも、シングルベルトは砥部焼、タッグは愛媛杉を使うほど、地元密着は徹底している。

ダサいリングネームのレスラーたちは昨年11月、ある記録に挑みました。しかし、愛媛の特産品が思わぬ壁となって立ちはだかりました。何が起きたのでしょうか。

 地元PRを重んじる姿勢があ…

この記事は有料会員記事です。残り1119文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら