• アピタル

シンガポール、隔離なし旅行者の受け入れ縮小 オミクロン株を警戒

オミクロン株新型コロナウイルス

シンガポール=西村宏治
[PR]

 シンガポール政府は22日、新型コロナウイルスのワクチン接種済みの旅行者を、欧米やインドなどから隔離なしで受け入れる政策を、一時的に縮小する方針を明らかにした。変異株「オミクロン株」の流入を防ぐため。23日から来年1月20日にかけて、隔離なしの受け入れ制度を利用する航空便やバスのチケットの販売を中止する。

 すでにチケットを購入済みの旅行者については、この期間も隔離なしでの受け入れを続ける。政府はチケットの販売中止について「オミクロン株の流入を制限するため、到着客の数に制限を設けることにした」と説明。来年1月21日以降も、チケットの販売数をこれまでの受け入れ上限の50%までに制限するとしている。(シンガポール=西村宏治

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]