犠牲になった院長の「思い継ぎたい」 行き場ない患者の支援広がる

有料会員記事

狩野浩平、山口啓太 田中章博、西田理人 長富由希子
[PR]

 大阪市北区で起きた放火殺人事件で、現場となった雑居ビル内の心療内科クリニックは、日中に働く人たちが夜間に通うことができ、予約なしでも当日受診できる数少ない場所だった。通院していた600人以上の患者たちが通院先を失う中、受け入れ支援に乗り出す動きが始まっている。

 「残業で遅くなっても、安心して通えた」

 事件から2日後の19日、現場となった「西梅田こころとからだのクリニック」が入る雑居ビル前で、大阪市東淀川区の40代の男性がスポーツ飲料と花束を供え、合掌した。

 このクリニックには昨年4月から通っていた。事件当日の夜も、仕事の悩みなどを話し合う「リワークプログラム」に参加する予定だった。毎週金曜、仕事が終わった後の午後7時半から4~8人が集まって、院長の助言も受けていた。

「心のよりどころだった」

 「僕にとって安らげる場所で、心のよりどころだった。なくなってつらい」

 2週間に1回、薬を処方してもらっていたが、切らすとしんどくなる。事件後、急いで新しい病院を探したが、職場から遠いところしか見つからなかった。

 ホームページによるとクリニ…

この記事は有料会員記事です。残り2344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。