「表現、心動いてこそ」 宝塚月組新トップ娘役、海乃美月のこだわり

有料会員記事宝塚歌劇団

田部愛
[PR]

 入団から10年、多才な娘役だ。宝塚歌劇団の月組トップ娘役に就任した海乃美月(うみの・みつき)が、まもなく宝塚大劇場でのトップお披露目公演に臨む。トップスター月城かなとへの思いや作品との向き合い方とは――。

 ダンスや歌に定評があり、安定感のある芝居も魅力のひとつ。

 表現するうえで大切にしているのは、「心」だという。「気持ちがあって、心が動いてこそ。どの瞬間も大事にしていきたい」

 内面を追求する姿勢は、作品…

この記事は有料会員記事です。残り663文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら