劇的幕切れなぜ NHK制作統括に聞く カムカム岡山編を終えて

有料会員記事

土井恵里奈
[PR]

 安子、どうして――。朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の岡山編は12月23日、劇的な幕切れとなりました。ヒロインの交代という大きな節目に、NHK制作統括の堀之内礼二郎さんに秘話を聞きました。

――安子がるいを置いて渡米しました。理由や背景にぴんときていない視聴者が多そうです

 「あえて余白を残すつくりにしています。でも、すごく難しかった。あんなに愛している娘を置いていくストーリーですから。見せ方次第で、大きく印象が変わってしまう」

――この日(12月23日)の放送でも、安子の決断やその後の展開は詳しくは語られませんでしたね

 「もちろん、賛否はあると思っています。でも、物語の目線は、少し前から安子からるいに移っています。母はなぜ、自分を置いて行ってしまうのか。(理解できずにいる)るいのモヤモヤを、視聴者のみなさんにも共有してほしくて。狙ってそうしています」

――途中からるいの目線、るいの目から見た物語になっていたんですね。だから安子がだんだん分かりづらいとされるキャラクターになっていった

 「安子については、そういう声が出ていますよね。これまでは応援する声が多かったのですが、次第に変わってきた。

 『それは違うよ、安子』『勇…

この記事は有料会員記事です。残り1162文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら