第5回あんなに幸せな素顔、伝えられないもどかしさ 記者が感じた南北の壁

有料会員記事

ソウル=神谷毅
[PR]

連載「それでも、あなたを」北朝鮮・韓国編 取材を終えて

 「人と人が愛し合って結婚するのに、どこの国かなんて関係あるのかな」

 この言葉は、北朝鮮人のリ・サンヒョクと韓国人のユン・ミナがロシアから第三国に脱出する時、南北間で結婚できるのか問い詰めるロシアの出入国管理の職員に、サンヒョクが投げかけたものです。

 サンヒョクとミナの2人は、北朝鮮やロシアの厳しい出入国管理や行動監視という壁を乗り越えて、脱北に成功しました。

 ですが2人は、それよりももっと大きな「壁」を乗り越えました。イデオロギーが作り上げた人々の「心の壁」です。

 社会主義の北朝鮮と資本主義

この記事は有料会員記事です。残り864文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載それでも、あなたを 愛は壁を超える(全41回)

この連載の一覧を見る