今度の米倉涼子は失敗もする 今までと全然違う「静かな」強さ

有料会員記事

編集委員・石飛徳樹
[PR]

 てっきり大門未知子のようなスーパーウーマンなのかと思ったら、今回は全然違っていた。

 1月13日から配信されるネットフリックスのドラマ「新聞記者」(全6話)で彼女が演じる松田杏奈は、普通に失敗もするリアルな社会部記者だった。

 「松田は、当たり前の仕事を愚直に積み重ねていく人物です。今までの役とは全然違うので、ちょっとストレスがたまりました(笑)」

 松田は、官房長官会見で厳しい質問をぶつけては官邸に煙たがられている。ある時、ライバル紙のスクープで、首相夫人と関係の深い学校法人に対し、国有地が格安で売却された事実が明るみに出る。松田はこの問題の取材を始める。

 「これまでテレビで主役をやらせてもらった時には『自分のドラマ』という感じがありました。でも今回は主役だという気がしないんです。だからといって文句は言いませんでしたが(笑)」

 確かに「新聞記者」というタ…

この記事は有料会員記事です。残り701文字有料会員になると続きをお読みいただけます。