• アピタル

5~11歳のワクチン接種「迷ったら待っていい」 専門家の見方は

有料会員記事新型コロナウイルス

聞き手・熊井洋美
[PR]

 5歳から11歳の子どもへの新型コロナウイルスのワクチン接種について、厚生労働省の専門家による分科会は23日、来年3月にも始める方針を了承しました。オミクロン株への警戒が高まるなか、我が子にワクチンを接種させるべきか否か、悩む保護者は多いでしょう。予防接種に詳しい長崎大学小児科の森内浩幸教授に聞きました。

――5~11歳が接種の対象に加わることに、分科会では異論は出ませんでした。

 まず、ワクチンが使えること自体は朗報だと思います。

 有効性は間違いなくあると示されています。

 新型コロナにかかって重症化する恐れの子どもたちは大勢います。もしも私に5歳のダウン症の孫がいた場合、またはメタボリック症候群の子どもが知り合いにいた場合、接種を勧めますね。

――健康な子どもにはどうですか。

 健康な子どもは全世代でみて…

この記事は有料会員記事です。残り1124文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]