大庭雅、2年ぶりの全日本 「今日で終わりかも」からフリーへ進出

有料会員記事

坂上武司
[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権女子ショートプログラム(SP)が23日にあり、26歳の大庭雅(東海東京フィナンシャル・ホールディングス)が2年ぶりに大舞台に舞い戻った。

 30選手のうち24選手が出場する25日のフリーに、最後の一枠、24位で進んだ。

 SPは自らが振り付けを行った「センド・イン・ザ・クラウンズ」。かつて五輪金メダリスト金姸児(韓国)も使った曲だ。

 「久しぶりの全日本選手権で緊張した」というが、ベテランらしく丁寧なスタートだった。

どうしてもフリーを演じたかった大庭。全日本で披露することを願っていたある曲の演技がありました。

 予定していた2連続3回転ジ…

この記事は有料会員記事です。残り716文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]