アフガンで混乱 民主主義サミットは空回り 迷走するバイデン外交

有料会員記事

[PR]

記者解説 アメリカ総局・園田耕司

 米ホワイトハウスのサキ大統領報道官は、いつもどんな難しい質問にもすらすらと応じる。だが12月14日の記者会見では即答できない問いがあった。

 「バイデン政権が最初の1年間で成し遂げた、最も大きな外交上の業績は何ですか?」

 「よく考え、大統領と話したい」

 1月の政権発足時、国際社会に「アメリカは戻ってきた」と高らかに宣言したバイデン大統領だが、外交は迷走している。

 始まりはアフガニスタンからの米軍撤退だった。米同時多発テロ20年という期限ありきの撤退に欧州諸国から強い懸念が寄せられたが、強引に実行し、ガニ政権は崩壊した。米英豪の安全保障の枠組み「AUKUS」では、米国が原潜技術を豪州に提供することで仏豪間の潜水艦建造契約が破棄されて仏が激怒し、東南アジア諸国も「軍拡競争の加速」を危ぶむ。

 日本もひとごとではない。米国が欧州連合(EU)に課した鉄鋼関税の見直しを明らかにした際、同様の追加関税が課されている日本に相談はなかった。ワシントンのある外交官は「全く事前通告がない。同盟重視は本物かと各国から不満が出ている」と明かす。

 バイデン政権は、トランプ前政権の自国利益最優先から、同盟国・友好国との連携へと回帰したはずだった。なぜこのような事態に至ったのか。

■側近の機能不全 理念先行の…

この記事は有料会員記事です。残り1702文字有料会員になると続きをお読みいただけます。