同じ在宅勤務なのに時給は300円の差

写真・図版
マンガ・米澤章憲
[PR]

 在宅勤務で大手通信会社のコールセンターの仕事をしています。不満は給料です。九州で働く私たちの時給は、首都圏の同僚たちより300円も安いのです。月額に直すと3万円以上の差になります。かかってくる電話はランダムに各拠点に割り振られ、どこでも仕事は全く同じなのに。

職場のホ・ン・ネ>九州の40代女性

 なぜこんなに差があるのかの説明を求め、時給を上げるよう会社に訴えましたが、納得できる回答はありません。物価や家賃相場に差があるとはいえ、最低賃金が都道府県ごとに大きく違うことにも違和感を覚えます。(九州地方・40代女性)

     ◇

 あなたの働き手としての悩みや葛藤を「職場のホ・ン・ネ」にお寄せください。すでに掲載された「ホンネ」への感想や意見も歓迎します。連絡先を明記のうえ、朝日新聞経済部労働チーム(t-rodo@asahi.comメールする)までメールでお送りください。