「リワークプログラム」、その中身は? 心の不調からの復職支える

有料会員記事

聞き手・井上充昌
[PR]

 連日のように続く大阪市のクリニック放火事件の報道で、「リワークプログラム」という言葉がたびたび登場します。心療内科精神科で行われている取り組みのようですが、どんなものでしょうか。日本うつ病リワーク協会理事長で精神科医の五十嵐良雄さんに聞きました。

 ――リワークプログラムとは何ですか

 うつ病などの精神疾患で休職している人の復職を支援し、再休職を防ぐリハビリのプログラムのことです。リターン(戻る)・トゥ・ワーク(仕事)でリワーク。会社に出勤するように施設に通い、同じ病気の仲間と集団で活動して復職の準備をします。精神科デイケアやデイナイトケア、ショートケアなど施設によって違いますが、原則として保険診療で行います。

 ――心がつらい人にとって、会社に出勤するように通ったり、集団で活動したりするのは負担が大きいようにも感じます

 もちろん、心身を休め、投薬などの診察による治療を優先します。回復してきたら、起床や就寝、食事の規則正しい生活のリズムを取り戻すことを重視します。リワークを始めるのは、症状が落ち着いてから。リワーク中も定期的に診察し、治療と同時並行で進めます。

 ――五十嵐さんがリワークプログラムを始めたきっかけは

 2003年に東京・虎ノ門で精神科クリニックを開業し、多くの患者に接しました。入院が必要なほど重症でない人がほとんどで、うつの症状が消えて回復した人には、復職可能という診断書を出しました。ところが、多くの人が再びうつとなり再休職しました。

 そんなとき、NTT東日本関東病院(東京)で行われていた「職場復帰援助プログラム」をみて、復職前の準備が大切だと気づき、05年に「リワーク・カレッジ」を始めました。虎ノ門のクリニックでリワークに取り組んだ人の就労継続率は高い水準を維持しています。

 ――クリニックでは、具体的にどんなことをしますか

 リワークの第一段階では、週2、3日通ってもらい、午前8時半~午後3時のデイケアをします。卓球ストレッチ、座学などに取り組みます。卓球は、ダブルスだと他人と協力してプレーすることになる。仲間やスタッフとの交流がリハビリにつながります。

 この段階でもっとも重視する…

この記事は有料会員記事です。残り1431文字有料会員になると続きをお読みいただけます。