根拠なく「コロナに有効」 景品表示法違反、山形の業者に課徴金

新型コロナウイルス

上月英興
[PR]

 「新型コロナウイルスにも有効」などとした広告には合理的な根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして、消費者庁は、マイナスイオン発生器とする商品を製造・販売した「GSD」(山形県新庄市)に課徴金269万円の納付を命じ、22日発表した。

 消費者庁によると、対象になったのは同社の「ION MEDIC O―RELA(イオンメディックオーリラ)」。発生したマイナスイオンが新型コロナなどのウイルスを不活性化させる効果があるかのように宣伝した。同庁は3月、同社に再発防止などを求める措置命令を出した。

 課徴金は5千万円以上売り上げた商品が対象。宣伝した2種の型式のうち一つは、2019年4月~20年8月に税込みで9千万円を売り上げたという。(上月英興)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]