サウジが弾道ミサイルを製造か、中国の支援で 米CNNが報道

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米CNNは23日、サウジアラビアが中国の支援のもとで弾道ミサイルを製造していると報じた。商業衛星写真の分析とともに、関係者の話として伝えた。サウジアラビアが弾道ミサイル開発を進めていることで、同国と対立するイランが反発する恐れがある。

 米情報機関はすでにこの情報を把握。中国とサウジアラビアとの間で弾道ミサイルに関する大規模な技術移転が複数回あった、という機密情報について、すでに複数の米政府当局者が報告を受けたという。

 サウジアラビアは以前に中国製の弾道ミサイルを購入していたが、独自製造はしていなかった。CNNの入手した10月下旬~11月初旬撮影の商業衛星写真によると、中国支援のもとサウジアラビア国内に建設された施設で、弾道ミサイルを製造した兆候が見られるという。

 サウジアラビアの弾道ミサイル開発にライバル国のイラン側が反発し、中東地域のパワーバランスに影響を与える恐れがある。さらに、イラン核合意をめぐる協議で、米国はイランに対して弾道ミサイル開発の制限を求めているが、イラン側の反発で協議が複雑になる恐れもある。(ワシントン=園田耕司