高槻の小5死亡「マスク着用、詳細は不明」 事故調査委が報告書

瀬戸口和秀、茶井祐輝、加藤あず佐
[PR]

 大阪府高槻市の小学校で今年2月に体育の授業で走っていた小学5年の男子児童(当時11)が倒れて亡くなった問題で、大学教授らでつくる学校事故調査委員会は24日、報告書をまとめ、市教育委員会に答申した。報告書は、男児は「5分間走」の開始時はマスクをつけていたとしているがその後の詳細は不明で、学校側のマスクの指導などに事故の原因となり得る瑕疵(かし)はみられなかったと結論づけた。

 市教委などによると、男児は2月18日、体育の授業でグラウンドを5分間走っている時に倒れた。救急搬送されたが、心不全で死亡が確認された。男児はマスクをつけて授業に臨んだとみられ、保健室に運ばれた時はあごにマスクがかかっていた。これまで走っている最中につけていたかは不明で、死因との因果関係も分かっていなかった。

 報告書は、児童は当初マスクをつけていたと推定されるが、いつあごにずらしたかなどの詳細は不明だったとした。また、医師からの意見として、一般的にマスクをした状態で学校が実施したような5分間走を実施しても、マスクが直接の原因で死亡するとは考えにくいとされているとした。

 市教委は7月に事故調査委の設置を発表した。委員会は大学の教授と准教授の計3人で構成され、大川尚子・京都女子大教授が委員長を務めた。委員会は事故に至った過程や原因を調べ、計7回の会合を開き、再発防止策も含めて報告書にまとめた。(瀬戸口和秀、茶井祐輝、加藤あず佐)