「GoTo」不正受給、6万泊分を申請 HIS子会社の調査

有料会員記事

高木真也、初見翔
[PR]

 旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)は24日、政府の観光支援策「Go To トラベル」事業をめぐり、子会社などが延べ約6万泊分で不正とみられる給付金の申請をし、最大で計約6億8329万円分を不正に受け取ったとする調査結果を公表した。HIS本体の関与は確認されなかったとした。

 同社の顧問弁護士らでつくる調査委員会がこの日、調査結果を発表した。子会社は、HIS子会社のミキ・ツーリスト(東京都港区)とジャパンホリデートラベル(大阪市)の2社。

 報告書によると、ミキ・ツーリストは、従業員80人が60泊するという宿泊契約をホテル運営会社「JHAT」と結んだが、実際に泊まったのは延べ4800泊のうち114泊だけだった。給付金を申請したJHATに、計4080万円の給付金が不正に支払われた可能性があるという。

 また、ジャパンホリデートラ…

この記事は有料会員記事です。残り543文字有料会員になると続きをお読みいただけます。