女児衰弱死の漫画は「名誉毀損」 無罪母親らへの賠償命令 大阪地裁

森下裕介
[PR]

 大阪府茨木市で2014年に起きた難病女児(当時3)の衰弱死を題材にした漫画で名誉を傷つけられたとして、母親(27)らが、出版元の「ぶんか社」(東京)や作者に計1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が24日、大阪地裁であった。中山周子裁判官は名誉毀損(きそん)を認め、被告側に計330万円の支払いと、漫画のネット配信の差し止めを命じた。

 判決によると、漫画は雑誌への掲載後、18年1月から電子書籍として配信された。中山裁判官は、漫画には母親らが女児に食事を与えている描写がないため、「読者は母親らが女児に食べ物を与えず衰弱死させたと読み取る」と指摘。事実ではない内容で、母親らの名誉を傷つけたと判断した。

 母親は保護責任者遺棄致死罪で起訴されたが、18年3月に無罪が確定した。(森下裕介)