東京五輪の音楽監督、原点はディスコ サーフィンするように人生送る

有料記事

原田達矢
[PR]

 「明確な目標をもって邁進(まいしん)してきたタイプじゃない。でも、人生の転機には、そのグルーブ、波みたいなものに乗っかる勇気があった」

成人年齢が2022年4月1日、20歳から18歳に引き下げられます。18歳のころ、どんな「オトナ」になろうとしていたか聞いてみました。

 東京五輪パラリンピックの音楽監督を務め、国内外で活躍する京都市出身のDJ、田中知之さん(55)はこう振り返る。感性のベースができたという18歳の頃、将来の職業となるDJに出会った。

 「音楽好きなら田中くんもやってみたらいいのに」

 京都市内にあったディスコ「マハラジャ」でアルバイトをしていた高校3年生の時。20代の先輩DJから、そう声をかけられた。

 早々に推薦で京都の大学に進学を決め、高校の軽音楽部の部室に入り浸り、夜はバイト。音楽漬けの毎日を送っていた。ディスコでのバイトも「音楽を感じながら働きたかったから」と始めたところだった。

正座で向き合ったターンテーブル

 皿洗いをしながら、フロアに流れる音楽を聴いた。ターンテーブルを回すDJを見たのは初めてだった。「ヘッドホンを耳に当てて、何を聴いているんだろう」。興味はあったが、当時のDJは職人気質。ブースに近づくことも、ターンテーブルに触ることもできなかった。

記事の最後には色紙プレゼントのお知らせがあります。

 それでも先輩の言葉を真に受…

この記事は有料記事です。残り1948文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント