アニメ「ぐんまちゃん」の放送中止 群テレが説明「射幸心をあおる」

松田果穂
[PR]

 群馬テレビ(群テレ)は24日、今月12日に放送予定だった群馬県制作のテレビアニメ「ぐんまちゃん」第11話を放送しなかったことについて、放送中止の経緯を文書で発表した。

 第11話は競艇場を舞台にした内容で、群テレは「舟券を購入し大金を得たり、帰りの電車賃を失うほど過度につぎ込んだりする姿が表現されており、児童や青少年の射幸心(幸運を得たいという感情や欲望)を過度にあおると判断した」と説明。同アニメでは、10月に放送した競輪場が舞台となった回について、視聴者から放送倫理・番組向上機構BPO)に複数の指摘が寄せられており、そのことも理由として挙げた。

 群テレによると、10月の放送回について、BPOは審議対象にしないと決めたが、委員からは「幼児向け番組に射幸心をあおる内容はいかがなものか」などの意見が出ていた、という。(松田果穂)