家族と別れ、知人とも疎遠 ビル放火容疑者、電気もガスも通らぬ家に

有料会員記事

[PR]

 大阪市北区の雑居ビル4階のクリニックが放火され、25人が死亡した事件は、患者だった谷本盛雄(もりお)容疑者(61)による計画的な犯行だった疑いが強まっている。背景に何があったのか。24日で発生から1週間。容疑者は意識不明の重体が続いている。

 住所、職業はいずれも不詳――。事件から2日後の19日、大阪府警がクリニックの防犯カメラの映像などから容疑者を特定したとして、谷本容疑者の氏名を公表した。ただ、最近の暮らしぶりはわからない点が多いという。

 事件直前に火災があった大阪市西淀川区の住宅を所有していたが、そこは自宅とは呼べない、ほぼ空き家のような状態だった。電気やガスの契約もなく、「どうやって暮らしていたのか」と府警幹部は言う。

突然いなくなった一家

 谷本容疑者は1960年、4…

この記事は有料会員記事です。残り1590文字有料会員になると続きをお読みいただけます。